恋愛至上主義 [小梅日記]

恋愛についてのあれこれを、思うがままに語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
二股のススメ!?
今回は個人的でかつ一時的なお話。
だからあえて極論言わせて貰います。

20代後半〜30代の独身女性は、二股三股、どんどんかけるべきだと思う。
なぜなら、どうしても女は「プロポーズを待つ身」であるから。

私も以前は、「そんなの彼に悪い。やっぱり純愛よ。。。」と思っていた。
てか、そういうのもとても大切だったし間違ってなかったと思う。

だけど、最近見るのは、男が30歳を目前にしながらも、結婚をうだうだ迷っていて、
それに彼女がヤキモキしてるケース。

さっさと決めんかい!!!
って、はたから見ていてほんと思う。
けど男は大事な決断を先延ばしにしようしようと、うだうだいっている。
彼女が彼への不満が溜まっているとも知らずに。

女の場合は賞味期限が短い。
やっぱりこれは、ある意味真実だと思う。
結婚相談所に登録したって、27歳の子と、32歳の子では紹介数が何百単位で違う。

なんだから、そんな何%の確率で結婚できるかわからない男のために、貴重な今の時間を無駄にしてらんない!わけである。

30近い年齢になって、貴重な彼女の時間を独占しておいて、
さっさとプロポーズしてこない男の方も悪いんだから、
彼女に二股されても自業自得なのである。

そうして思ったのだが、以前は「彼女がいる人は恋愛対象じゃないわ」
なーんて思ってたんだけど、結婚してないって事は、=隙があるって事なんだよね。

彼がまだ結婚したくないから。
この子しかいない!って思ってないから。
なんかしら二人の間でしっくりいってないから。
だから結婚してない。
それはつまり、いくらでも入り込む余地はあるわけなのだ。

実際、いま私は彼氏と超ラブラブだし、大好きだ。
だけど、結婚の具体的な話は出ない。いつになるかもわからない。
彼の事は好きだけど、もし彼が決断できずにいるのだとしたら・・・。
伸ばし伸ばしにすればいいやーって思ってるんだとしたら?

だとしたら、私は彼を選ばないだろう。
というか、彼には私じゃないんだ、と思う。

だから、このタイミングで
「一生見ていたいのは小梅さんしかいない。結婚前提に付き合って欲しい!」
みたいに熱烈に言われたら、やっぱり揺れると思うんです。

私にはある理想がある。
それは「望まれて結婚したい」ということ。

そんな事に拘るなんてバカかもしれないけれど、女につめられてしぶしぶ結婚していく男友達の愚痴を聞いていると、そんなの結婚できても幸せじゃないなぁって思うのです。
| ko-ume | private | 16:42 | comments(4) | trackbacks(14) |
勘違いする男
ある男が、私の友人ゆみ子を食事に誘った。
ゆみ子とその男が会うのは、その日で2回目。二人きりで会うのは今回が初めてである。それはまだ”相手がどんなタイプなのか?”、”恋愛対象なのか?友達がベストなのか?”を探りあう段階。だから甘いムードや、恋愛の匂いなんて全くない二人。ゆみ子は軽い気持ちでその食事に応じた。

その食事の帰り道、ゆみ子はすぐに私に報告をしてきたのだが、それを聞いて私は大爆笑をしてしまった。結論から言うと、私達が考えていた”恋愛までのプロセス”に対し、彼は思いがけないフライングをしたのだった。

話を元に戻そう。
その日予約されていたのは、自称”都内のレストランに詳しい”彼だけあって、小綺麗でちょっと高級チックなレストラン。最初は普通に会話をしていた二人だが、急に彼が言い出した一言で、思いがけない方向へ話が展開しはじめた。

ある男 「今日の事、小梅ちゃんは知ってるの?」

そう、小梅とはまさしく私のこと。
彼とゆみ子が知り合ったのも、私を介してのことだった。

ゆみ子 「え?うん、もちろん知ってるよ。(当たり前じゃん、一部始終話してるよ。)」

ある男 「あっちゃーーー。。。。(やっちゃった、という仕草を取る)」

ゆみ子 「???(む?何がいけなかったのだ?)」

ある男 「おたくら、関係大丈夫なの?」

ゆみ子 「え??・・・うん、大丈夫だけど。なんで??(意味不明、こいつ何言ってるんだ??)」

ある男 「んーーー(ちょっと言いにくそうに)だって、ほら、まぁ、彼女、、、俺の事好きでしょ?だから大丈夫かなぁって思って。」

ゆみ子 「へ???(何言ってんだこいつ!??)」

もちろん、私はその男に、好意などビタ一文もありませんでした。
むしろ、どちらかというと、自信過剰具合がうざいから、嫌いなタイプ。

ある男 「だから、二人の友情は大丈夫なのかなぁって思ってさ。」

ゆみ子 「(こいつもしかしてすごい勘違いしている?!でも小梅自身の事だから、私の口からは真実は言えないなぁ。。)え?そうなの?んーーー違うんじゃないかなぁ。聞いた事ないよ?」

ある男 「そうなんだ。二人仲いいのに、あんまそういう話しないんだね。」

ゆみ子 「(完全に勘違いしている・・・・)うん、、、そうだね。。。苦笑」

ある男 「で?ゆみ子ちゃんは?どうよ」

ゆみ子 「何が?(今度は何っ!??)」

ある男 「何がって、まぁ〜、俺との事?」

ゆみ子 「????????」

ある男 「そのぉー、俺との事、どうなのよ。」

ゆみ子 「へ??!!(もしかしてこいつ、さらに何か勘違いしている!?)」

ある男 「俺の事、いいと思ってるんでしょ?」

彼はあくまで”軽い確認程度”で、ゆみ子に聞いてきた。
そして彼の言いたい事がわかったゆみ子は、思いっきり否定しながら大爆笑した。

ゆみ子 「何言ってんのぉ〜?私があなたを好きって事???そんなわけないじゃん!!!あはははははは!!!(大爆笑)」

ある男 「え???違うの?????(目が点)」

ゆみ子 「なんでそんな事思ったのぉ〜?だってまだ2回しか会ってないじゃんー!!」

そして、男はそう思った理由を話し、二人の誤解が解けて食事は終えたらしい。

その帰り道、すぐに私宛にゆみ子からメールがきた。
『もしかして、小梅って彼の事好きだったりする?』
私は意味不明のメールに『んなわけないじゃん!』と聞き返したら、この話になったのだ。

彼は、私もゆみ子も、彼の事が好きだと思っていたわけです。
あくまで彼は、ゆみ子が自分に気がある事が前提で、お互いの意思を確認する事で次のステップへ進もうとしたのでした。
私はもう、本当にその思い込みの激しさ、彼のお気楽さに大爆笑してしまいました。
あの自信過剰気味な男が、目が点になりながらゆみ子を見つめている光景がぜひ見たかった。。。

彼とのコミュニケーション頻度は、
私 ⇒ 3回みんなで会って、メールのやりとりを数回。
ゆみ子 ⇒ 1回みんなで会って、メールのやり取りを数回。

男の人は、基本的に、目が合っただけで「あの女、俺に気があるな」と思ってしまうらしいです。だけどここまで誤解が激しいと、アホを通り越して可愛い奴って感じになっちゃうね。

男性諸君!
日本女性は愛想笑いが得意なため、海外では誤解されがちなように、本当に”対応がいい”だけだったりします!幸せな勘違いをしたままならいいのだけど、誤解したまま玉砕しないようにね!!

でもきっと、そういう人は究極のプラス志向だから、落ち込むということは一瞬で終わるんだろうけどねぇ。。。


 

| ko-ume | private | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
友達との環境と思考の乖離
久しぶりの友達と連絡をとったときには、大抵近況報告になる。
でもその時、私のノリと友達のノリのギャップを感じ始めてた。

そこで思った、友達の話。最近思う事。
20代前半って、環境に差が出始めて、
20代後半って、思考に差が出始めるのね。

例えば環境が違っても、一緒に何かを楽しむ事や
会話を楽しむ事はできるけど、(それぞれの環境の差がまた面白い)
思考に差が出始めると、楽しいと思う事や、話す内容にも差が出始めるから、
一緒にいて壁が出始めるのね。

20代後半で、友達って入れ替わるのかな?
本当に本当に仲いい友達なら、環境や思考が変わっても、
根底で繋がってるから大丈夫だと思うけど、
そうじゃない友達って、入れ替わるのかなーって思った。
そして、みんなの環境と思考がほぼ統一される30代後半くらいには、
また、仲良くなったりするのだろうか。

なんか、色々今の自分の状況と周りの状況を見比べて、切なくなった。。。

 
| ko-ume | private | 19:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
ご挨拶
はじめまして、コウメです。
ふつーーにOLをしているふつーの女の子です。

友人に勧められ、書いてみる事にしました。
私が日々感じた恋愛語録?を中心に綴っていきたいと思います。

基本的には恋愛至上主義。
経験はそれほど豊富ではないですが、独自の恋愛感があると言われます。
そこの所は、読んでいっていただければわかると思います。
共感される方、反発を覚える方と色々いらっしゃるかと思いますが、
1人の20代OLの価値観だと思ってみていただければと思います。

宜しくお願いいたします。
| ko-ume | private | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ