恋愛至上主義 [小梅日記]

恋愛についてのあれこれを、思うがままに語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
距離を置く事の意味
って私は無いと思う。

私も、付き合ってた相手と上手く歯車が噛み合わなくなって、距離を置いた事はあった。でも、いい結果になる事はなかった。

距離をあけて何をするかっていうと、最初からその目的だったかどうかは置いておくとして、大抵”次の恋人候補探し”に帰結するわけだ。
彼・彼女とこの先もやってけるか?幸せになれるか?自分の好きって気持ちは確かか?なーんて事は、1日自分と向き合えば、わかる事だもの。
別に1ヶ月とか距離をあける必要なんて、さらさらない。

■距離を置く理由

つまり、何で距離を置くだなんて言い出すのか?っていうと、
「他にもっといい人がいるかもしれない・・・・」という、あるかどうかもわからない可能性に悩み始めた、というのが一つめにあげられます。

そして、距離をあけている間、相手との関係をじっくり考え直す・・・・
なーんて事はせずに、新しい恋人探し作業に勤しむ事になるわけです。

だからこの場合、距離を置いた後に元サヤに戻ったとしても
他にいい人を探したけど、上手くいかなかったからやっぱりこのまま♪っていう”妥協の上の元サヤ”なだけだと思うのです。

それが言葉を変えれば
”やっぱり君(あなた)しかいない!それに気づいたんだ!”
ときれーーーにまとめられるけどね。

■距離を置く理由

でもでも、最初っからそんな腹黒い理由で距離を置のが全てではありません。

これは、女の子によくありがちなのですが、
じゃあ、何で距離をあけるなんて言い出すの?っていう二つめの理由に
”相手の気持ちを確かめたい。”というのがあります。

ここで言える事は、この時点で自分の気持ちは明確だという事です。
相手の気持ちを確かめたい(試したい)という行為は、自分が相手を好きすぎる不安から生じるものなのだから。
なのである意味、不安を解消したいが為に、恋が終わりに近づくかもしれないという、大きなリスクを伴う賭け(試し)に出ているわけです。

だけど、そんな賭けをしてまで手に入れられるものって、一体・・・。
もちろん「そんなのやっぱり嫌だ!!」と、嵐の中あなたの元まで駆けつけてくれるかもしれない。「お前(あなた)しか考えられないっ!」なーんて結末になればHappyだろう。

だけど、お互いの気持ちの再確認にはなるかもしれないが、更に気持ちを盛り上げる事にはならないだろう。
”再確認”なのであれば、そんな事を確認することこそ無意味だし(キリがない)、ここまでのリスクを背負ってまでやることではない。

■ではどんなリスクがあるの?って事だけど

”距離をあけられた方の恋人には、隙ができた”事になるわけです。
つまり、他の異性が付け入る隙を、わざわざ自ら作ってあげてるわけ。
そして1/100くらいの確率で、この隙に入り込んでくるイイ男やイイ女が恋人の前に現れます。

そのイイ男ないしイイ女に「会いたい」って言われれば、そりゃー会っちゃいますよね。だって今は恋人がいるようないないような中途半端な状態。
しかも、距離をあけたいなんて言われちゃって、ちょっとしたショックもあります。
会わない理由というものがまずもってありません。
もし、距離あける宣言をされるまでは恋人一筋だった人も、ここで別のパートナーとの可能性を考え始めるきっかけにもなります。

更に、女の子はおしゃべりをしないとストレスが溜まる生き物。
毎日彼に話していたたわいない話、愚痴などを代わりに聞いてくれる存在が必要になってきます。ぽっかりと空いてしまった「話を聞いてくれる人」というポジションに上手く収まる人がいれば、好きかどうかの前に、自然とその人へ話をしていくようになります。これは男性にも言える事ですね。

男でも女でも、結局、傍にいたもん勝ちって所が、恋愛にはあると思う。
傍にいてくれる人に気持ちは動き、育っていくもの。
よっぽど強い絆が無い限り、間に割り入ってきた魅力的な同性に勝てるかどうかは、ケースバイケースなのです。

もちろん「そんな事で他の人に流れるくらいなら、それまでの関係だったのよ・・・」と思えるなら、万事OK!どうぞ、どんどん距離をあけてください!

だけど、自分から言い出した事で、この結末、あまりにも悲しすぎませんか?

・・・と、まぁリスクに関しては他にもあるのですが、今日はここまでにしておいて。

■距離を置く理由

さてさて、上記の´△匹舛蕕砲眦てはまらない、純粋に「気持ちが冷めた」というケースもあります。

この場合、距離を置いたからといって、冷め始めた気持ちが復活することはありません。
ただ、いきなり別れるのは習慣の問題上怖かったり、後悔するかもしれないという恐怖から、ワンクッション置いているだけ。

この場合の恐怖とは、「一人身が寂しくなるかも」「もう恋人ができなかったらどうしよう」と言った関連の後悔で、決して「やっぱり好き!」だからというのもではなかったりします。

結局、別れの道へ向かっているのです。
ここで相手が頑張れば(距離を置くのをやめる)また別の道が開けるかもしれないけど、距離を置いてしまえば、あとは別れの道へ一直線!

まー、ここで,北瓩蠅泙垢、言い出した相手がやっぱり寂しくなって(他に見つかりそうも無くて)、元に戻る可能性はあると思いますが。

結論!
距離を置く事に、リスクはあっても、決してメリットはないのです。
好きなら、絶対に傍を離れちゃだめよ。



なんか今回は挑発的な文章で、ごめんなさいです。。。
| ko-ume | 恋愛 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:49 | - | - |









http://ko-ume.jugem.jp/trackback/10


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ