恋愛至上主義 [小梅日記]

恋愛についてのあれこれを、思うがままに語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
色気=恥じらい


まだ恋愛の「れ」の字も手探りだった頃、
待ち合わせで顔を合わせた瞬間や、手をつなぐ事にさえドキドキしてしまい、
何か適当に気の利いた言葉がないものかと、一生懸命頭を巡らす。
そんな頃って、誰にでもあったんじゃないかなって思う。

だけどそんなウブな自分が照れくさくて嫌で、
なんとか平常心を保とうとしたり、慣れたふりを装ったりと、一生懸命背伸びをする。
そうやっているうちに場数も踏んできて、本当に照れがなくなってくるようになる。

だけどそれって実は、色気や可愛らしさを失っていた事に気づかなかったりする。
実は、女の武器は「恥じらい」だったりする。

ある女優さんが教えてくれた。
「生き残る女優になるためには、可愛らしくなくてはいけない。」と。
そして、更に「色気とは恥ずかしさを表現出来る人」とも言っていた。

確かに、同じ状況においても、恥ずかしがっている人を目の前にすると、こっちまで恥ずかしくなってしまう。
それはつまり、恥ずかしくなってしまう=感情を揺さぶられてる、という事になる。

目の前で平然と着替えをされるよりも、
いつも見えないところで着替えてくる女の方が、
男はもっと知りたい願望に駆られるものだ。

混浴の露天風呂に行ったとき、
同じタオル一枚姿でも、平然としてる人よりも、恥ずかしがっている人の方が、
「いけない秘密を共有」してる気分になり、親密度が増すものだったりする。

夫婦間でも長く新鮮さを保ち、男と女でいられる秘訣は、恥じらいがあるかどうかにかかっている。

今こそ、初心に返り、恥じらいを取り戻せ。
| ko-ume | 恋愛 | 16:30 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:30 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/01/02 12:52 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/05/13 11:42 AM |









http://ko-ume.jugem.jp/trackback/19
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/02 12:16 PM |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ