恋愛至上主義 [小梅日記]

恋愛についてのあれこれを、思うがままに語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
”隙”って何?

恋愛上手になる秘訣として、
「もう少し隙を作れ!」と言われたり、
「隙がありすぎるのは安っぽい女になるだけ。」
などというアドバイスをされたり、恋愛マニュアルで読んだ事はありませんか?

なさすぎてもダメ、でも、ありすぎてもダメ。
自分にどのくらいの隙があるのかどうかなんて、自分じゃわからない。
だからこそ、そのバランス調整はとっても難しい。
そもそも、”隙”がどういうものかわからない!という方って、少なからずいるんじゃないでしょうか。

そんな場合は、ぜひとも周りの男性を見渡してみてください。
よく、女性にばかり言われがちな”隙の出し方”だけども、
実は男性にも”隙”のある人と、ない人がいるんです。

あなたの周りで、「この人恋愛に興味なさそうだな〜」とか「なかなか心開いてくれなさそうだな〜」と感じるような、どちらかというと心がクローズな感じの人っていませんか?
話しかければ優しく対応してくれる。
でも、なんだか話かけにくいし、話しかけるなオーラが出てる気がする。
自分の世界観を持っていて、どこまで踏み込んでいいかわからない、そんな人。

それが、隙のない男なのです。
硬派な感じがする反面、友達としてもなんだか馴染みにくいですよね。
だから恋愛へのステップへも進みづらい。

一方で、いつも楽しく会話をしていて、女の子との会話も慣れた感じ。
サービス精神旺盛で、冗談とかもポンポン言いやすいし、飲みにも誘いやすい。
かといって恋愛となると、なんだか女に飢えてそうで、ちょっと嫌。。。

そんな人が、隙がありすぎの人なんです。
友達になりやすい反面、恋愛としてはもっと上の男性を求めてしまいますよね。

女性にも言われているように、男性も”ちょうどいい隙”が大事なんです。
フワフワして、こっちに飛んできてくれそうな雰囲気は、「もしかしたら?」という可能性を見せてくれる半面、
あまりにもフワフワしすぎてると、バナナの叩き売りみたいで、いつでも買えそうまた今度ってなりかねません。

隙がどういうものかわかったら、そのバランスが大事な事も、おのずとわかってきますよね。
| ko-ume | - | 18:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:17 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/01/18 1:26 AM |









http://ko-ume.jugem.jp/trackback/22


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ